CSRの取り組み持続可能なエネルギー利用を実現する

クリタグループのアプローチ

クリタグループは、地球温暖化による異常気象や自然災害をはじめとする気候変動問題を世界共通の重大な社会的課題と捉えています。気候変動対応として、CO2排出量の削減に向けて、自社内でのエネルギー消費原単位低減に取り組むとともに、お客様の工場・事業所でのエネルギー使用の最適化やエネルギーを創る技術の普及に取り組んでいます。

SDGsへの貢献

目標と実績

クリタグループは、事業を通じた環境負荷低減が、事業に伴って発生する環境負荷を補い、さらに上回ることを目指し、「顧客での負荷低減量-自社での負荷量」を目標として設定しており、それぞれの実績値を継続して把握していきます。

2022年度目標 2019年度実績
顧客におけるCO2排出削減量※1-自社でのCO2排出量※2 10千t 43千t
  • ※1 「顧客におけるCO2排出削減量」の考え方については、以下リンク先をご参照ください。
  • ※2 「自社でのCO2排出量」には、GHG(Greenhouse Gas、温室効果ガス)プロトコルの定義におけるScope1および2に加え、Scope3 カテゴリ13に該当する超純水供給事業由来のものを含みます。

また、クリタグループの取り組みをパリ協定に沿ったものとするため、上記目標に加え、SBTi※3が示す手法に沿い、2019年度を基準年として「Well-below 2℃水準(2℃を十分に下回る水準)」にて長期目標を設定し、Scope1、2およびScope3の削減に取り組んでいます。

指標 長期目標
2030年度 2050年度
Scope 1および2 排出削減
(2019年度からの削減割合)
27.5% 100%
Scope 3 排出削減
(2019年度からの削減割合)
27.5% -
  • ※3 企業に対し、気候変動による世界の平均気温の上昇を、産業革命以前と比べ2℃を十分に下回るレベルに抑えるという目標に向けて、科学的知見と整合した削減目標を設定することを推進するイニシアチブ。

顧客とともに

お客様の工場・事業所でのCO2排出量削減

顧客における環境改善の推移

お客様の工場・事業所におけるクリタグループの提案によるCO2排出量削減の実績はグラフの通りです。これらは主にボイラ・冷却水設備における熱効率の維持向上による燃料使用量の削減、水処理設備における回転機器類のインバーター化などによるものです。なお、2018年度から従来の集計対象・集計方法を改訂しています。

顧客事例

CELUPA INDUSTRIAL CELULOSE E PAPEL GUAÍBA LTDA.様での環境改善事例
(クリタ・ド・ブラジルLTDA.の取り組み)

CELUPA INDUSTRIAL CELULOSE E PAPEL GUAÍBA LTDA.様は、滅菌プロセスや食品包装、コーヒーフィルター製造用のさまざまな種類の紙を製造されています。製紙工程では蒸気が必要となるため、蒸気発生に使用する燃料を削減し、CO2排出量を削減することが同社の課題の一つとなっていました。
クリタ・ド・ブラジルLTDA.は、蒸気で加熱された紙乾燥ドラムの金属表面に撥水性を与えることで、熱伝達率を向上させる新たな技術の適用を提案しました。熱交換器では、蒸気と触れる側の金属表面において、蒸気の凝縮により水膜が形成されます。この水膜はわずかな厚みであっても熱伝達率を大幅に低下させるため、より多くのエネルギーを消費することになります。クリタ・ド・ブラジルLTDA.の提案は、この水膜を除去する技術です。蒸気に撥水機能を持つ薬品を適用することで蒸気使用量を削減することができ、その結果、紙生産量1tあたりの燃料使用量が2.8%削減されました。

お客様の声

Ms. Natalie Figueiredo da Silva

Quality Control
Ms. Natalie Figueiredo da Silva

今回の提案は、蒸気量が削減されたことはもちろん、CO2排出量の削減と蒸気用の淡水使用量を削減することができ、環境面においても成果があるものでした。CELUPAに重要なメリットをもたらす改善提案に、非常に満足しています。

自社内において

自社内でのエネルギー使用量削減

自社での環境改善の推移

クリタグループは、各社、各事業所の特性を踏まえ、生産量や売上高、延べ床面積など、エネルギー使用量との関連性が高い項目を原単位母数として設定し、エネルギー使用原単位の前年比1%削減に取り組んでいます。
2018年度から海外グループ会社における実績の集計を開始しました。

クリタ・ド・ブラジルLTDA.でのCO2排出量削減事例

クリタ・ド・ブラジルLTDA.は南米におけるクリタグループの水処理薬品製造・販売、技術サービスの提供を事業としています。同社で排出するCO2は、本社工場の生産設備やオフィスで使用する電力と営業車両で使用する燃料に由来しています。
同社はCO2排出量削減に向けて、2019年度は主に製造エリアを中心とした照明設備のLED化と営業車両で使用する燃料のガソリンからエタノールへの切り替えを推進しました。ブラジルは古くからサトウキビからできるバイオエタノールの生産を推進しているためエタノールを使用可能な車が多いという特性があります。これらの取り組みにより、CO2排出量を2018年度比で14%削減しました。

クリタ・ド・ブラジルLTDA.における
CO2排出量の推移

省エネルギーに関する社内啓発キャンペーンを実施

Scope3集計結果と今後の取り組み

クリタグループは、国際的な要求水準に沿った気候変動への対応を行うため、2019年度からScope3の把握に取り組みました。これにより、クリタグループはScope1~3全体においてScope3が98.9%を占めること、Scope3のうち最も比率が高いのは主にポンプやモーターなどを含む「販売した製品の使用」によるものであることが確認できました。
クリタグループは、これらのデータを踏まえ、TCFDの提言に基づき温室効果ガスの中長期削減目標と施策の策定を行うとともに、提供するソリューションをより低炭素なものへと転換していくことで、クリタグループの競争優位性を高めていきます。

2019年度
CO2排出量(t) CO2総排出量に対する比率(%)
Scope1 9,384 0.3%
Scope2 25,520 0.8%
Scope3 3,041,803 98.9%
Scope1+2+3 3,076,707 100.0%

気候変動問題への取り組みをTCFDの提言に基づいて推進

クリタグループは、気候変動問題を世界共通で取り組むべき喫緊の課題と捉えており、事業活動に伴って発生する温室効果ガスを継続的に削減するとともに、事業を通したお客様での温室効果ガス削減に貢献しています。
今後もグループの持続的成長を実現するため、TCFDの提言に基づき、当社のE&S(Environmental and Social)委員会で気候変動によるリスクと機会、事業戦略への影響について分析を行い、温室効果ガスの排出削減目標をはじめとする中期・長期の目標と施策を策定しています。
また、クリタグループにおける気候変動問題への取り組み全般を取締役会で監督する体制を確立しています。詳細は「クリタグループの気候変動問題への取り組み」をご参照ください。

日本経済団体連合会の「チャレンジ・ゼロ」に参加

当社は、一般社団法人 日本経済団体連合会が日本政府と連携して推進する「チャレンジ・ゼロ(チャレンジ ネット・ゼロカーボン イノベーション)」に参加しています。「チャレンジ・ゼロ」とは、2020年7月現在で137の企業・団体が参加し、パリ協定で掲げる温室効果ガス排出ネット・ゼロの早期実現を 目指す活動です。

日本産業機械工業会「環境活動基本計画」への参画

当社は、温暖化対策に取り組む一般社団法人 日本産業機械工業会の環境活動基本計画に参画しており、気候変動への対応状況を定期的に報告しています。

「クリタドロップワイズテクノロジーによる熱伝達率の向上」が「資源エネルギー庁長官賞」を受賞

当社は、一般財団法人省エネルギーセンター(後援:経済産業省)が主催する「2019年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)」において、「ドロップワイズテクノロジーによる熱伝達率の向上」というテーマで「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しました。
一般的に、ボイラで発生した蒸気を用いる熱交換器では、蒸気側の金属表面で蒸気の凝縮により水膜が形成されます。この水膜はわずかな厚みであっても熱伝達率を大幅に低下させるため蒸気使用量の増加を招き、より多くのエネルギーを消費し生産性の低下につながります。クリタドロップワイズテクノロジーは、熱交換器の金属表面に撥水性を与え、水膜を除去することで、熱伝達率を向上させる滴状凝縮技術で、蒸気使用量削減による省エネルギーや、生産性向上を実現します。また、熱交換器直前の蒸気ラインに撥水機能を有した水処理薬品を添加するだけで効果を発揮するため、生産設備を稼働させたまま適用することが可能です。