CSRの取り組み廃棄物を削減する

クリタグループのアプローチ

クリタグループが事業活動を持続的に行うためには、限りある資源を有効に活用していく必要があります。そのため、事業活動に伴って発生する廃棄物量(有害廃棄物を含む)を削減するとともに、発生したものは可能な限り有価物化・リサイクル化することに取り組んでいます。
また、お客様に対して廃棄物を資源として活用する技術、廃棄物の発生量を抑制する技術を提案し、社会全体での廃棄物削減を目指します。

SDGsへの貢献

目標と実績

クリタグループは、事業を通じた環境負荷低減が、事業に伴って発生する環境負荷を補い、さらに上回ることを目指し、「顧客での負荷低減量-自社での負荷量」を目標として設定しており、それぞれの実績値を継続して把握していきます。

2022年度目標 2019年度実績
顧客における廃棄物削減量*-自社での廃棄物量* 450千t 152千t

*有害廃棄物を含んでいます。

顧客とともに

お客様の工場・事業所での廃棄物量削減

顧客における環境改善の推移

お客様の工場・事業所におけるクリタグループの提案による廃棄物削減量の実績はグラフの通りです。これらは主に余剰汚泥発生量の少ない排水処理設備への転換や、脱水剤・脱水機による廃棄物の減量化などによるものです。なお、2018年度から従来の集計対象・集計方法を改訂しています。

顧客事例

Ajinomoto Co., (Thailand) Ltd. (Ayutthaya plant) 様での環境改善事例
(クリタ-GKケミカルCo., Ltd.の取り組み)

Ajinomoto Co., (Thailand) Ltd. (Ayutthaya plant) 様は、タイ国で主にうま味調味料を生産されています。同社は味の素グループの一員として温室効果ガスやプラスチック廃棄物などの削減に取り組まれています。同社アユタヤ工場において生産用水の製造に使用されているRO膜設備での環境負荷低減のため、クリタ-GKケミカルはRO膜の長寿命化による廃棄物量と電力使用量の削減を提案しました。
RO膜は表面にバイオファウリングなどが発生すると水が透過しにくくなるため、生産水量を維持するためにはRO膜の定期的な洗浄や交換が必要となります。クリタ-GKケミカルの提案は、スライムの発生を抑える新たな水処理薬品を添加すると共に、RO膜設備の安定運転に必要な薬品類の添加量をセンサーにより最適化させるものです。本提案が採用された結果、RO膜の廃棄量と洗浄頻度が低下し、それにより0.4t/年の廃棄物と8.5t-CO2にあたる電力使用量、さらに膜洗浄に伴う洗浄剤と廃水を削減できました。また、センサー制御により薬品類の添加量も低減することが可能となりました。

*⽔中の細菌や藻類など微⽣物により形成された汚濁物。

お客様の声

Mr. Narongrit Jaratsri

Utility & Biomass Department
Mr. Sanan Kinkasorn

クリタのS.sensing®とクリバーター®IKの組み合わせにより、RO膜設備で使用する化学薬品の量を適切かつ適正に制御でき、RO膜設備の安定化を実現するとともに、メンテナンスコストの削減できました。

自社内において

自社内での廃棄物量削減

自社での環境改善の推移

クリタグループでは、各社、各事業所の特性を踏まえ、生産量や売上高、延べ床面積など、廃棄物量との関連性が高い項目を原単位母数として設定し、原単位での廃棄物量削減に取り組んでいます。なお、2018年度から海外グループ会社における廃棄物量を、2019年度から当社および国内グループ会社の工事現場における廃棄物量を集計しています。

クリタ・ド・ブラジルLTDA.での廃棄物量削減事例

クリタ・ド・ブラジルLTDA.における
廃棄物量の推移

クリタ・ド・ブラジルLTDA.は南米におけるクリタグループの水処理薬品製造・販売、技術サービスの提供を事業としています。同社で排出する廃棄物は、水処理薬品用原材料の包装品や不適合となった水処理薬品、生産設備から漏洩した薬品などです。
同社は廃棄物量削減に向けて、2020年3月期は主要な原材料サプライヤーに再利用可能な包装品への変更を要請するとともに、生産工程の改善による不適合品の発生抑制、生産設備のメンテナンス実施による薬品漏洩防止などに取り組みました。その結果、廃棄物量を前期比で32%削減しました。