水資源の問題を解決するWater Resilience Coalitionへの参画

WRCへの参画

当社は「Water Resilience Coalition(WRC)」に設立会員として参画しています。WRCは、国連グローバル・コンパクトのイニシアチブの一つであるThe CEO Water Mandateが新たに設立した団体で、世界各地域における水資源の問題が深刻な流域において産業界主導で水資源の保全・回復に取り組むものです。クリタグループは、WRCへの参加を通じ、さまざまな企業や団体とともに世界の水資源の保全・回復に取り組み、SDGs(持続可能な開発目標)の達成と企業理念の実現を目指していきます。
また、当社は国連グローバル・コンパクトに参加するとともに、The CEO Water Mandateに署名しています。

WRCの中期目標

中期目標

WRCの中期目標は以下の通りです。

目標年 目標
2030年まで
  • 世界の100流域以上で取り組みを行い、対象流域における30億人以上の水資源に関する問題の改善に貢献する。
  • 少なくとも1億人の水・衛生に関する問題に対して、改善効果を与えている。

クリタグループの目標と取り組み

クリタグループは、WRCの目標を受けて、「CSRに関する方針」の重点的に取り組むテーマ「水資源の問題を解決する」に以下の目標を2021年5月に追加しました。

目標年度 目標
2030年度

水資源に関する問題の改善で貢献する人数:700百万人

※ 水資源の問題が深刻な流域において、水利用可能量、水質、および水アクセスの面で改善効果を享受する人々の数

クリタグループのWRCにおける取り組みを紹介する映像はこちら