CSRの取り組みCSVビジネスの推進

クリタグループのCSVビジネス

クリタグループは、従来に比べ節水・CO2排出削減・廃棄物削減に大きく貢献する製品、技術、ビジネスモデルを「CSVビジネス」として定め、その優位性をそれぞれ係数化しています。顧客における環境負荷低減量は、これらCSVビジネスの係数と採用実績から算出されています。またCSVビジネスは、より優位性の高い製品、技術、ビジネスモデルの開発状況に応じて、継続的に見直されます。
なお、「CSVビジネスの展開」はMVP-22計画の重点施策の一つとなっており、経営管理指標(KPI)を設定して経営計画と連動した取り組みを行っています。

CSVビジネス選定基準

節水・CO2排出削減・廃棄物削減に関して、以下の条件の全て、または一部を満たす製品、技術、ビジネスモデル

  • ①従来技術や競合技術に比べ効果が大きい。
  • ②既存技術の新市場適用、もしくは新規技術である。
  • ③SDGs目標が示す行動計画に貢献する。
  • ④クリタグループのScope3削減に貢献する。

代表的な事例

節水

工場の水排出量の大幅な削減に寄与するサービス

CO2排出削減

蒸気の凝縮時に、熱抵抗となる水膜を滴状に変えることで熱伝導率を向上

廃棄物削減

凝集センサーによる排水処理3S(Stable・Secure・Saving)ソリューション

お客様の工場・事業所での事例はこちらを参照してください。