企業の社会的責任株主を尊重した経営

クリタグループは経営指針において、「株主を重視した経営」を掲げています。これに基づきクリタグループは、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、株主の意見に積極的に耳を傾け、株主との建設的な対話を促進するための体制整備と取り組みを継続的に行っていきます。

株主・投資家との対話を促進するための体制

株主・投資家との建設的な対話は、経営企画室長を統括責任者として推進しています。経営企画室長を補佐する組織として、経営企画室内にIR・SRの専任組織を設置し、IR・SR専任担当者を配置しています。
また、経営企画室長は、社内の重要な情報を把握・収集し適切に管理するため、経営企画室、総務部および財務経理部内の担当者で構成するIR・SR連絡会を設置し、情報の共有と管理に当たるとともに、対話に必要となる情報の提供を行っています。さらに取締役会に対しては、対話を通じて把握された株主の意見や懸念のフィードバックを定期的または必要に応じて行っています。

機関投資家向けIRに関する活動状況

証券アナリストや機関投資家向けには、第2四半期と通期の決算時に会場を使用した決算説明会を開催し、社長と担当取締役が説明と質疑応答を行っています。また、第1四半期と第3四半期の決算時には電話会議を開催し、説明と質疑応答を行っています。
情報開示の適時性と公平性確保のため、これらの説明に用いた資料や質疑応答の要旨をIR専用サイトに掲載しています。このほか、IR・SR専任担当者は沈黙期間を除き日常的に、証券アナリストや機関投資家との個別面談を実施しています。
外国人株主・投資家向けには、社長と経営企画室長が欧米やアジアでのロードショーを実施するほか、経営企画室長が国内でのカンファレンスに参加しています。

個人投資家向けIRに関する活動状況

個人投資家向け説明会の様子
個人投資家向け説明会の様子

個人投資家向けには、株主総会後に株主説明会を開催するほか、個人投資家向け説明会を開催しています。機関投資家と個人投資家における情報格差が生じないよう、IR・SR専任担当者が、個人の方からの電話やメールによるお問合わせにもお答えしています。

SRに関する活動状況

当社は、IR・SR専任担当者が国内大株主を訪問し、経営方針やコーポレートガバナンスをテーマとした対話の機会を設けています。当社からは、経営の方向性に関する説明やコーポレートガバナンスの実施・改善状況を報告するとともに、株主からは、経営に対する意見や要望ならびに議決権行使の方針を聴取し、意見交換を行っています。聴取した意見や要望については、社長はじめ経営層にフィードバックし、経営諸施策への反映を図っています。

※このページは2016年3月期の取り組み実績を記載しています。