企業の社会的責任取引先との健全な関係

クリタグループの事業は、製品の製造・販売をはじめ多くの面で取引先の皆様に支えられています。このため、取引先との公正、誠実で透明性のある健全な関係の構築を重視しており、相互の自主性、利益、財産を尊重した信頼関係の強化に努めています。

購買基本方針

当社および国内グループ会社の購買に関しては、「オープンな購買」と「共存共栄」を基本方針に、取引先選定の基準を品質・価格競争力・納期の確実性・経営の安定性・グリーン購買(RoHS指令、JGPSSIガイドライン)への対応力などにより、総合的に判断しています。

法令・社会規範の遵守

当社は取引先に対して、法令等の遵守の徹底を求めています。法令等には、独禁法、下請法、会社法、建設業法、外為法、個人情報保護法、労働基準法、廃棄物処理法などが含まれます。
取引先に対しては、下請法遵守など当社のコンプライアンス活動への理解を求めるとともに、アンケートを実施することで取引の適正性を確認しています。また、当社は、「公益通報者保護規程」を定め、不正行為の早期発見に努めています。社外機関を活用した相談および通報窓口も設置しており、取引先(サプライヤー)も利用可能です。さらに、当社および国内グループ会社の取引先との信頼関係強化を目的に、サプライヤーが抱える不安や悩みを相談できる窓口として「お取引先様用ヘルプライン」も設置しています。
また、当社および国内グループ会社では、役員および社員は、反社会的勢力とは一切関係を遮断し、毅然とした対応を徹底することを内部統制の基本方針に定めています。具体的な施策として、取引先とは反社会的勢力に関する覚書を取り交わしています。

環境保全への配慮

当社のケミカル事業本部においては、日本国内の法令に基づき、購入する原材料や資材について、有害化学物質含有の有無を確認しています。
当社のプラント事業本部においては、調達ガイドラインを制定し、取引先に対して、環境保全に配慮し、社会・環境・資源と人々の安全と健康への悪影響を最小限に抑えるよう要望しています。具体的には、有害化学物質の削減等環境負荷の小さい部品・原材料の調達の推進、産業廃棄物管理、公害防止に関する法令等の遵守、製品製造、製作・施工における環境負荷低減を意識した改善・工夫の推進といった要求事項を明確にしています。取引先に対しては、お客様からの要求に従いこのガイドラインに基づく要求をしています。

人権・労働安全衛生への配慮

当社のプラント事業本部は取引先に対して、調達ガイドラインの中で、適切な賃金の支払いと労働時間の管理や福利厚生の確保を要望しています。併せて、基本的人権を尊重し、ハラスメントや性別、国籍、宗教、人種、障がい等による差別を排除するとともに、強制的な労働は行わせないことを要望しています。また、職場の安全に対するリスクを評価し事故・労働災害を未然に防止するとともに、安全な職場環境を実現・維持することを要望しています。

知的財産権の尊重

クリタグループは、他者の知的財産権を尊重し他者の知的財産権を侵害しないよう注意を払いながら事業活動を行っています。他者の知的財産を使用する場合は、ライセンスを取得する一方、他者に対してもクリタグループの知的財産の尊重を求めています。クリタグループの知的財産を侵害する企業に対しては、侵害行為の中止を求めるとともに、特許実施許諾の取得を促す対応をとっています。グループ内においては、知的財産権の尊重を促すために、階層別知的財産教育やEラーニングなどの講習を実施しています。国内向け講習だけでなく、2014年度より海外グループ会社へも取り組みを開始しており、今後も継続していきます。

※このページは2016年3月期の取り組み実績を記載しています。