企業の社会的責任地域社会とともに

社会貢献の基本的な考え方

クリタグループでは、「クリタグループ行動準則」において、社会貢献の基本的な考え方として、事業による社会への貢献にとどまらず事業で培った知見・知識を積極的に社会に還元すること、役員・従業員の自発的な社会貢献活動を支援することを定めています。

2016年度の主な取り組み

災害被災地の支援

緊急時浄水設備クリタレスキュー
緊急時浄水設備クリタレスキュー

クリタグループは、事業拠点がある国や地域において大規模な自然災害などが発生した場合、被災地の支援を行う方針としています。2016年4月に発生した熊本地震への対応では、当社の水処理装置部門が中心となり、お客様の要請に応え被災した水処理装置の復旧に取り組みました。加えて、被災された方々の救援や被災地の復旧に役立てていただくため、日本赤十字社を通して1千万円の義援金による支援を行ったほか、災害支援物資として被災地の自治体向けに計12,096リットルのパック型飲料水「水のクリタのうまい水」を提供しました。

クリタグループは、災害被災地支援用として緊急時浄水設備「クリタレスキュー」を4台、お客様向けとして車載型純水装置を7台準備しており、災害時の対応に備えています。

事業所周辺での清掃活動

クリタグループは、地域貢献の一環として、事業所員がボランティアとして事業拠点がある地域での清掃活動を行っています。

区分 会社名 事業所名 件名 参加人数
事業所周辺の清掃 栗田工業 クリタ開発センター 野木ボランティア清掃 122
東北支店 広瀬川一斉清掃 12
クリタ明希 本社 クリーンアップ作戦 20
サンエイ工業 岩手事業所 美化活動 23
アオイ工業 工場周辺の清掃 18
栗田工業(大連) 大平山の清掃登山 13
お客様との共働による事業所周辺の清掃 栗田工業 堺駐在所 グリーンフロント堺
「共生の森」植樹・除草
16
日本ファイン 堺事業所
栗田工業 石川駐在所 川北クリーンキャンペーン&手取川クリーン大作戦 5
クリタ・ケミカル大分 ENEOSの森の活動 4

水と環境の分野における科学技術の発展に寄与

インドネシアでの助成金贈呈式の様子
インドネシアでの助成金贈呈式の様子

当社は、水と環境に関する科学技術の振興に貢献することを目的として、1997年にクリタ水・環境科学振興財団を設立しました(2009年に公益財団法人へ移行)。当社および国内グループ会社各社が運用財産として寄付金を拠出し、これを事業費として水と環境に関する調査研究に対する助成や、国際交流支援等を行っています。

主な取り組みとして、例年、国内および海外の研究者を対象として助成案件を公募しており、2016年度は、審査の上、決定された125件に対して助成を行いました。タイ・ベトナム・インドネシアにおける助成も2015年度から継続し、インドネシアで助成金贈呈式を行いました。設立から2017年3月までに延べ1,285件、約642百万円の助成を行ってきました。

2017年は財団の設立から20年を迎えるに当たり、記念事業として、東南アジア地域での研究者の重層的育成とネットワーク化を目的に、研究プロジェクトへの助成や奨学金の給付を行う予定です。