提供サービス浄化後の土地有効活用サービス

現代社会が抱える問題の一つが、土壌・地下水汚染です。クリタは、水処理で培った技術とノウハウを活かして、汚染の調査から浄化まで一貫したサービスを提供しています。そして、その取り組みは、浄化だけでなく「土地」という資産価値も考えていることが大きな特長です。土壌・地下水汚染は土地の資産価値や、土地を所有している企業の企業価値をも低下させる恐れがあります。クリタは、汚染が確認された場合は、最適な手段による浄化費用と期間を算定し、土壌・地下水汚染による土地の価値下落リスクを定量化した上で、そのリスクを低減し、浄化後の土地有効活用をサポートするために、不動産取引にかかる土壌汚染リスクの診断や、浄化後の売却スキームや再開発プランの策定など、土壌汚染リスクを経済的な視点からも捉えた幅広いソリューションサービスを展開しています。
クリタグループには、4,000件以上の調査・浄化実績に裏付けされた経験・技術・ノウハウがあり、また、土壌・地下水汚染に関わる様々な難しい問題を、土地の流動化・活用化という視点から解決していくグループの専門会社「ランドソリューション」が土壌・地下水汚染に対するリスクヘッジや資金面でのサポートとなる調査ファンドの設立、さらには汚染土地の買い取りや浄化コストの保証など、お客様のニーズに幅広く対応しています。
これらの強みを活かしながらクリタは、グループ全体で、調査・浄化はもちろん、汚染リスクのヘッジや、浄化して安全な状態になった土地の有効活用/売却後のサポートを実施し、お役様の土地の資産価値を最大化していくことを目指します。

土壌・地下水汚染がもたらす土地資産問題を解決し、新たな価値を加えていく。それがクリタの土壌地下水浄化事業です。