環境改善活動海外における環境改善活動の取り組み

クリタグループでは海外事業会社においても国内同様に「顧客環境改善効果を拡大させ、自社内環境負荷を低減させる」ことを目標に、環境改善活動を推進しています。

今回は、顧客環境改善活動、自社内環境改善活動、コミュニケーションの各活動について事例を紹介します。

顧客環境改善活動

海外事業会社における顧客環境改善効果 2015年度試算値

電力量削減 4,507 MWh/年
節水量 760,740 m3/年
廃棄物量 1,582 t/年
  • 2015年度の顧客環境改善効果は、2015年1月から12月までの1年間に受注した案件を対象に、受注時にお客様向けの仕様書や提案書で提示した導入前後における環境負荷低減量を試算して数値化しています。

自社内環境改善活動

社内報

事例:中国/クリタ・大連

年に4回発行している社内報の中で、事業所ごとの電力量・水使用量等の使用状況を報告するとともに環境改善活動に関する話題を伝えることにより、社員の環境改善活動に対する理解・浸透を推進しています。

コミュニケーション

事例:韓国/韓水テクニカルサービス

クリタグループでは、毎年8月を中心に、グループ全社員の環境に対する幅広い意識の醸成を図るために、「クリタ環境月間」というイベントを開催しています。韓国で水処理装置の販売・メンテナンスを行っている韓水テクニカルサービスからは、海外事業会社で最も多くの応募があり、同社の環境に対する社員の意識の高さがうかがえる一面でした。

また、社員が自らの業務と環境改善活動のつながりを理解し、環境改善活動への取り組みをより主体的なものにするために「環境改善活動を考える会」を海外で初めて同社で開催し、活発で率直な意見交換を実施しました。

韓水テクニカルサービス代表理事(左)へ事務局(右)よりクリタ環境月間に関する感謝状を授与

韓水テクニカルサービス代表理事(左)へ事務局(右)よりクリタ環境月間に関する感謝状を授与

参加賞を手にした同社社員の方々

参加賞を手にした同社社員の方々

「 環境改善活動を考える会」の様子

「 環境改善活動を考える会」の様子