マテリアリティ・方針

クリタグループは以下のステップにより、CSRにおける7つのマテリアリティを特定し、2030年におけるあるべき姿、堅持すべき取り組み姿勢を加えて「CSRに関する方針」として定めました。

マテリアリティの特定

Step1:マテリアリティの検討

GRIスタンダード、ISO26000(社会的責任に関する手引き)、経済協力開発機構(OECD)の多国籍企業行動指針、国連グローバルコンパクト(UNGC)、および持続可能な開発目標(SDGs)を参照し、計30のサステナビリティに関するテーマ群を特定した上で①ステークホルダーからクリタグループへの期待、②クリタグループが社会に与える影響、の2軸でマテリアリティを当社E&S委員会において検討しました。

Step2:基礎テーマ・成長機会テーマの特定

Step1の検討結果をベースに、経営・事業活動の基礎とすべき課題と、企業理念の実現に向けた成長機会の2つの視点から検討を重ね、7つのマテリアリティを特定しました。
さらにそれぞれのテーマについて、「2030年におけるあるべき姿」あるいは堅持すべき「取り組み姿勢」を設定しました。

Step3:妥当性の確認

E&S委員会および当社の経営会議においてStep2で特定した7つのマテリアリティ、2030年におけるあるべき姿・取り組み姿勢について妥当性を確認し、当社の取締役会において「CSRに関する方針」として決定しました。

CSRに関する方針

クリタグループは、以下の通り2030年を目標年次とする「CSRに関する方針」を定めました。

水と環境の問題にソリューションを提供し、未来への責任を果たす
重点的に取り組むテーマ 2030年におけるあるべき姿、取り組み姿勢 2022年度の目標
  • 1.安全性の高いサービス・製品を提供する
安全、健康、環境に配慮したサービス・製品を開発、提供し、社会からの信頼を維持する。 ①商品開発テーマに占める「安全性向上」と「法改正対応」に該当するテーマ数の割合:15%
②「製品・サービス」に関わる従業員の定期安全教育受講率:100%
  • 2.公正に事業を行う
自由競争に基づく公正で透明な取引を維持する。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を維持する。 役員・従業員のコンプライアンスに関する教育受講率:100%
  • 3.人権を尊重する
人権に関する国際規範を支持・尊重し、国連が定めた「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、人権尊重の取り組みを推進する。 ①役員・従業員の人権に関する教育受講率※1:100%
②強度率※2:0.005
  • 4.水資源の問題を解決する
すべての人々の生活と、産業の発展に必要な水を、節水・浄化・再利用技術により確保し、それぞれに最適な水質・水量で提供する。 顧客における節水量※3-自社の事業活動に伴う取水量:50百万m3 ※4
  • 5.持続可能なエネルギー利用を実現する
生活、産業におけるエネルギーの使用を最適化するとともに、エネルギーを創る技術を広く社会に普及させる。 顧客におけるCO2排出削減量※3-自社の事業活動に伴うCO2排出量:0 ※4
  • 6.廃棄物を削減する
廃棄物を資源として活用する技術、廃棄物の発生量を抑制する技術を普及させ、廃棄物ゼロを目指す。 顧客における廃棄物削減量※3-自社の事業活動に伴う廃棄物排出量:100千t ※4
  • 7.産業の生産技術を進歩させる
水のビッグデータを駆使し、産業の生産効率と製品品質のイノベーションに貢献する。 商品開発テーマに占める「生産プロセスの改善・改良への貢献」該当するテーマの割合:35%
  • ※1:従業員一人当たり3年で1回受講することとしています。
  • ※2:現場工事に関わる部門とその取引先を対象とし、「労働損失日数÷延労働時間数×1,000」で算出しています。
  • ※3:顧客の工場・事業所において、クリタグループの商品・技術・サービスによって削減した環境負荷量です。
  • ※4:事業を通じた環境負荷低減が、事業に伴って発生する環境負荷を補い、さらに上回ることを目指し、「顧客での削減量-自社での排出量」を目標として設定しています。

基礎テーマ

成長機会テーマ

  • 4.

    水資源の問題を解決する

    • 2030年におけるあるべき姿、取り組み姿勢

      すべての人々の生活と、産業の発展に必要な水を、節水・浄化・再利用技術により確保し、それぞれに最適な水質・水量で提供する。

    • 関連する方針

      クリタグループ環境方針クリタグループ調達方針

    • 対応する活動

      環境改善活動、取引先の選別、取引先へのCSR要請
  • 5.

    持続可能なエネルギー利用を実現する

    • 2030年におけるあるべき姿、取り組み姿勢

      生活、産業におけるエネルギーの使用を最適化するとともに、エネルギーを創る技術を広く社会に普及させる。

    • 関連する方針

      クリタグループ環境方針クリタグループ調達方針

    • 対応する活動

      環境改善活動、取引先の選別、取引先へのCSR要請

  • 6.

    廃棄物を削減する

    • 2030年におけるあるべき姿、取り組み姿勢

      廃棄物を資源として活用する技術、廃棄物の発生量を抑制する技術を普及させ、廃棄物ゼロを目指す。
    • 関連する方針

      クリタグループ環境方針クリタグループ調達方針
    • 対応する活動

      環境改善活動、取引先の選別、取引先へのCSR要請

  • 7.

    産業の生産技術を進歩させる