GRIスタンダード対照表

社会

報告要求事項 掲載箇所 参考情報
サステナビリティレポート
2018
ウェブサイト他
GRI401:雇用
401-1 従業員の新規雇用と離職 - -
401-2 正社員には支給され、非正規社員には支給されない手当 - - 栗田工業では、定年退職金、持株会、見舞金等の諸手当制度を設けています。
401-3 育児休暇 - -
GRI402:労使関係
402-1 事業上の変更に関する最低通知期間 - - 労働組合と締結している労働協約で転勤を伴う異動時の最低通期期間(1ヵ月前に通知)、解雇時の最低通期期間(30日目に通知)を定めています。
また、従業員に重大な影響を与える事業上の変更を行う際は、会社側と従業員側が事前に協議を行うこととしています。
GRI403:労働安全衛生
403-1 正式な労使合同安全衛生委員会への労働者代表の参加 P18~19「安全衛生」 -
403-2 傷害の種類、業務上傷害・業務上疾病・休業日数・欠勤および業務上の死亡者数 - -
403-3 疾病の発症率あるいはリスクが高い業務に従事している労働者 - -
403-4 労働組合との正式協定に含まれている安全衛生条項 - -
GRI404:研修と教育
404-1 従業員一人あたりの年間平均研修時間 - -
404-2 従業員スキル向上プログラムおよび移行支援プログラム - -
404-3 業績とキャリア開発に関して定期的なレビューを受けている従業員の割合 - -
GRI405:ダイバーシティと機会均等
405-1 ガバナンス機関および従業員のダイバーシティ - -
405-2 基本給と報酬総額の男女比 - - -
GRI406:非差別
406-1 差別事例と実施した救済措置 - -
GRI407:結社の自由と団体交渉
407-1 結社の自由や団体交渉の権利がリスクにさらされる可能性のある事業所およびサプライヤー - - -
GRI408:児童労働
408-1 児童労働事例に関して著しいリスクがある事業所およびサプライヤー - -
GRI409:強制労働
409-1 強制労働事例に関して著しいリスクがある事業所およびサプライヤー - -
GRI410:保安慣行
410-1 人権方針や手順について研修を受けた保安要員 - - -
GRI411:先住民族の権利
411-1 先住民族の権利を侵害した事例 - - -
GRI412:人権アセスメント
412-1 人権レビューやインパクト評価の対象とした事業所 - - -
412-2 人権方針や手順に関する従業員研修 - - -
412-3 人権条項を含むもしくは人権スクリーニングを受けた重要な投資協定および契約 - - -
GRI413:地域コミュニティ
413-1 地域コミュニティとのエンゲージメント、インパクト評価、開発プログラムを実施した事業所 - - -
413-2 地域コミュニティに著しいマイナスのインパクト(顕在的、潜在的)を及ぼす事業所 - - -
GRI414:サプライヤーの社会面のアセスメント
414-1 社会的基準により選定した新規サプライヤー P15「取引先との良好な関係の構築」 -
414-2 サプライチェーンにおけるマイナスの社会的インパクトと実施した措置 P15「取引先との良好な関係の構築」 -
GRI415:公共政策
415-1 政治献金 - 該当なし:栗田工業では政治献金はありませんでした。
GRI416:顧客の安全衛生
416-1 製品およびサービスのカテゴリーに対する安全衛生インパクトの評価 P10「製品品質向上の取り組み」 -
416-2 製品およびサービスのカテゴリーに対する安全衛生インパクトの評価 - -
GRI417:マーケティングとラベリング
417-1 製品およびサービスの情報とラベリングに関する要求事項 - -
417-2 製品およびサービスの情報とラベリングに関する違反事例 P15「2017年度の取り組み」 -
417-3 マーケティング・コミュニケーションに関する違反事例 P15「2017年度の取り組み」 -
GRI418:顧客プライバシー
418-1 顧客プライバシーの侵害および顧客データの紛失に関して具体化した不服申立 P15「2017年度の取り組み」 -
GRI419:社会経済面のコンプライアンス
419-1 社会経済分野の法規制違反 P15「2017年度の取り組み」 -