CSRの取り組み品質向上

安全性の高いサービス・製品を提供する

クリタグループは、事業を継続し企業として成長していくためには、お客様から取引先として信頼され続けることが必須であると認識しています。お客様からの信頼を得るためには、提供する商品そのものがお客様に与える影響に配慮すること、すなわち安全や健康、商品のライフサイクルにおける環境影響等に配慮した製品・サービスを開発するとともに、それらを安定して製造し安全に運搬、納入することが求められると考えています。

クリタグループは、安全、健康、環境に配慮した製品・サービスを開発、提供し続けることで、社会からの信頼維持に努めてまいります。

製品品質向上の取り組み

クリタグループは、「クリタグループ製品品質方針」を定め、本方針に基づく品質向上活動を継続的に推進し、お客様に提供する製品・サービスの品質向上に努めています。
本方針は、「お客様が期待する品質の『製品・サービス』をスピーディーに提供し、揺るぎない信頼を獲得する」ことを基本としています。お客様から信頼される製品・サービスを提供し、また事業を行う上での社会的責任を果たすため、法令を遵守し、安全、品質および環境影響に配慮した品質活動を行うことを目的として制定しました。
品質の向上に向けて、本方針に基づく品質管理体制をグループ各社で構築、運営するとともに、自主点検や品質向上活動の推進責任者およびその指名者による調査、お客様からの意見・要望等により現状の品質レベルを継続的に確認し、問題が確認された場合は都度改善することを定めています。

基本方針

  • クリタグループは、事業環境に適した品質マネジメントシステムを構築し、顧客満足向上のため、継続的な改善活動に取り組む。
  • クリタグループは、製品・サービスに関する適切な情報を積極的に公開し、安全・安心な製品・サービスの提供に取り組む。
  • クリタグループは、品質管理プロセス・基準を定め、それらを適正に運用するとともに、定期的に運用状況を確認し、製品・サービスの品質確保に取り組む。
  • クリタグループは、環境への影響に配慮した製品・サービスの開発・改善を推進し、環境保全への貢献に取り組む。

当社では、製品の開発段階で新しい化学物質を用いる場合は社内規定に基づき環境や健康へのリスク評価を行うことをルールとしています。また、製品の製造にあたっては労働安全衛生法、化審法、消防法をはじめとした各種法令に従って義務付けられている届出や報告を行っています。
さらに、お客様への適切な情報伝達のために、GHS*1対応のSDS*2やラベルを通して適用法令や製品の危険有害性などの情報を提供するとともに、輸送の安全対策としてイエローカード*3の発行や容器*4イエローカードの貼付を実施しています。

  • ※1:「化学品の分類および表示に関する世界調和システム(Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals)」の略で、化学物質の危険性および健康・環境有害性を国際基準に基づき分類し、危険有害性に分類された製品は、SDSに記載し、容器に表示するシステムです。国連勧告に基づいて世界各国で導入され日本では労働安全衛生法で遵守が義務付けられています。
  • ※2:製品の危険有害性、適用法令、取り扱い方法、輸送方法および緊急時措置などを一定様式に記載したもので、当社は、全ての製商品ならびに開発品について作成し、お客様へ提供しています。
  • ※3:化学物質の輸送時の安全対策として、事故時の処置に関する情報を記載した黄色のカードのこと。タンクローリーなどの輸送時に運送業者が携帯させています。
  • ※4:混載便や少量品の輸送ではイエローカードが活用できないため、容器ごとに安全情報(化学物質名の国連番号と緊急時応急措置指針番号)を記載したラベルを貼付しています。

推進体制

当社では、製品・サービスの開発から製造、提供に至る品質管理の体制を構築し品質向上に取り組んでいます。
開発については、「ソリューション推進委員会」にて高機能な剤・ユニットおよびソリューション技術の開発テーマを審議し、決定したテーマについて開発本部およびソリューション推進本部で具体化しています。
一方で、製品の製造から提供に関する品質管理については、当社のグループ生産本部に「品質委員会」を設置し、各組織の品質向上活動を統括するとともに、自主的かつ継続的な品質改善に取り組む仕組みづくりや品質マネジメントシステムの維持を行っています。

2017年度の取り組み

CSアンケートの実施

当社は、大型水処理プラントを納入したすべてのお客様を対象に、工事部門によるCSアンケートを継続して実施しています。2017年度は27件で実施し、水処理プラントの仕様や品質管理、施工など8項目で評価をいただきました。
アンケート結果から得られた課題に基づき、業務手順書や仕様書などの見直し・改善を継続的に実施しています。

知識・技能向上に向けた研修の実施

技術研修の様子

技術研修の様子

当社は、お客様に提供するサービスの品質向上に向けて、従業員の知識と技能を向上させる研修を行っています。水処理薬品事業に関する研修は、当社だけでなく同事業を行っている国内グループ会社および販売特約店の従業員を対象に実施しています。水処理薬品の基礎的な知識はもちろん、コミュニケーションスキルや問題解決手法など、対象者別にさまざまな研修を行い、2017年度は当社176名、国内グループ会社162名、販売特約店93名が受講しました。
一方、水処理装置事業に関する研修は、当社および国内グループ会社ならびに海外のナショナルスタッフを対象に、用水や排水に関する講座をはじめとする技術教育や安全・法務教育などを実施しており、2017年度は当社370名、グループ会社39名が受講しました。

不適合への対応

当社は、お客様に製品を引き渡す前に発生した不適合や、お客様から受けたコンプレインについて、社内の「問題情報」データベースに登録し、社内で情報を共有して水平展開を図りました。

なお、2017年度におけるクリタグループでの重大な製品・サービス事故の発生はありませんでした。

2022年度目標

クリタグループは、本テーマにおける2022年度の目標を以下の通り設定しています。

商品開発テーマに占める「安全性向上」と
「法改正対応」に該当するテーマ数の割合

15%

「製品・サービス」に関わる従業員の
定期安全教育受講率

100%

ISO9001認証取得一覧

クリタグループは、品質の継続的改善を目的として、製品・サービスを提供するために調達、製造、施工を行う生産プロセスを有する会社におけるISO9001の認証取得を推進しています。2018年3月31日現在の認証取得状況は下表の通りです。

  • 栗田工業株式会社(電力部門)
  • クリタ・ケミカル製造株式会社
  • クリテックサービス株式会社
  • 株式会社クリタス
  • 栗田エンジニアリング株式会社
  • Kurita-GK Chemical Co., Ltd.
  • Kurita (Taiwan) Co., Ltd.
  • Kurita Water Industries (Dalian) Co., Ltd.
  • Kurita Water Industries (Jiangyin) Co., Ltd.
  • Hansu Co., Ltd.
  • Kurita Europe GmbH (Ludwigshafen)
  • Kurita Europe GmbH (Viersen)
  • Kurita Ibérica SL
  • Kurita Turkey Kimya A.S.
  • Fremont Industries, LLC
  • Kurita do Brasil LTDA.
  • Kurita Water Industries (Suzhou) Ltd.
  • Hansu Technical Service Ltd.
  • Kurita (Singapore) Pte. Ltd.
  • P.T. Kurita Indonesia

COLUMN 「安全性向上」「法改正対応」に貢献する商品

クリタグループでは、お客様に安全性の高い製品・サービスを提供していくために、各国の安全と環境に関連する法令や基準、将来の規制に向けた動きを踏まえ、製品そのものの安全性向上と法改正に適合した製品・サービスの開発に取り組んでいます。ここではその例を紹介します。

安全性に優れた、ボイラ向け水処理薬品「セタミン®

蒸気を発生させるボイラは、工場での発電や生産プロセス、オフィスビル、病院などにおける空調用まで幅広く使用されています。ボイラで使用する燃料や給水の量を抑えて効率よく運転するため、ボイラ用の水処理薬品が一般的に使われています。「ヒドラジン」はボイラ用水処理薬品として古くから使用されていますが、近年では発がん性の疑いがあり、取り扱いに注意が必要でした。

クリタグループのセタミン®は、Kurita Europe GmbHの開発した商品で、ヒドラジンを含まない安全性の高い水処理薬品です。従来よりボイラの水処理には清缶剤、脱酸素剤、pH調整剤の3種類が使用されていますが、セタミン®は一剤ですべての機能を網羅した効果を発揮できるため、ボイラを管理するお客様が薬剤に接触する機会を低減することが可能となります。

クリタグループは、ヒドラジン対応のほか、各国・地域の環境法令・規制に適合したセタミン®シリーズをこれからもラインナップしていきます。

リチウムイオン電池の安全性向上と長寿命化に貢献する「イプシガード®

イプシガード

左:新品の電池 右:繰り返し充放電後の電池

携帯電話やパソコンなどの電子機器に幅広く使用されているリチウムイオン電池は、電気自動車や家庭用蓄電池などの普及拡大に伴って、高出力・高容量化が進んでいます。リチウムイオン電池は、充電と放電を繰り返すことによって、電池内部で炭酸ガスが発生し、それに伴って密閉された電池内の圧力が上昇することで、電池の膨れや破裂、発火を引き起こすリスクがあります。

クリタグループのイプシガード®は、発生した炭酸ガスを吸収することで、リチウムイオン電池の安全性を高めます。
また、充放電により電極から溶出する金属イオンも吸収するため、金属イオンの電極への付着や被膜の成長を抑制し、電池の長寿命化にも貢献します。