沿革

クリタグループは水と環境のリーディングカンパニーとして、
60年以上にわたる歴史を刻んできました。

  • 沿革
  • 事業展開

1949(昭和24年)

水処理薬品事業(ボイラ薬品)により創業

水処理薬品事業(ボイラ薬品)会社として栗田工業株を設立。

1949(昭和24年)

ボイラ薬品販売を開始

海軍出身である創業者が、海軍の汽缶技術を活用したボイラ薬品の販売を開始。

ボイラ薬品

1951(昭和26年)

汽缶給水研究所を設立

研究開発の拠点となる汽缶給水研究所を設立。創立してまもなく、初めての研究施設を開設。缶水(ボイラ水)の分析からスタートし、清缶剤やボイラ洗浄法の開発に着手。
(写真は、中央研究所に改名後のもの)

汽缶給水研究所イメージ

1951(昭和26年)

水処理装置事業へ進出

ボイラ給水の前処理をするための純水装置の販売を契機に、水処理装置分野へ進出。薬品・装置による総合的な水処理事業へと展開。

1953(昭和28年)

化学洗浄事業を展開

薬品技術を適用し、ボイラ内部を清浄化する化学洗浄部門を新たに設置。

1958(昭和33年)

メンテナンス・サービスを展開

水処理装置の安全運転およびアフターサービスの拡充を図るためメンテナンスサービスの専門組織を設置。

1959(昭和34年)

(株)鈴木商会を設立

化学洗浄部門を分離し、(株)鈴木商会(現栗田エンジニアリング(株))を設立。

1961(昭和36年)

関西栗田整備(株)を設立

水処理装置・施設のメンテナンス・サービス会社として、関西栗田整備(株)(栗田テクニカルサービス(株)の前身)を設立。

1965(昭和40年)

プロセス薬品へ事業拡大

大量に水を使用する紙パルプ・石油・鉄鋼分野において生産性を向上させる薬品を開発し、水処理分野から生産プロセスへと事業領域を拡大。

1973(昭和48年)

電子産業分野へ参入

半導体製造プロセスの微細化により、さらなる高純度の水が求められる中、超純水製造技術を開発。

1975(昭和50年)

クリタ・ド・ブラジルLTDA.を設立

ブラジルに水処理薬品の製造・販売を行うクリタ・ド・ブラジルLTDA.を設立。

クリタ・ド・ブラジルLTDA.

1975(昭和50年)

クリタスを設立

水処理施設・装置の運転管理会社として栗田水処理管理(株)(現(株)クリタス)を設立。

1978(昭和53年)

クリタ(シンガポール)Pte.Ltd.を設立

東南アジアにおける水処理薬品・水処理装置事業の拠点となるクリタ(シンガポール)Pte.Ltd.を設立。

1986(昭和61年)

P.T.クリタ・インドネシアを設立

インドネシアに水処理薬品の製造・販売を行うP.T.クリタ・インドネシアを設立。

1986(昭和61年)

精密洗浄事業を展開

電子産業分野で確立した販売網や化学洗浄で培った技術を活かして半導体製造装置に使われる部品・治具などを洗浄する事業に参入。

1987(昭和62年)

クリタ(タイワン)Co.,Ltd.を設立

台湾に水処理薬品の製造・販売を行うクリタ(タイワン)Co.,Ltd.を設立。

1989(昭和64年)

クリタ・ヨーロッパGmbHを設立

欧州における水処理薬品の製造・販売拠点としてクリタ・ヨーロッパGmbHをドイツに設立。

1989(昭和64年)

ゴシュー・ケミカル社

タイに水処理薬品の製造・販売を行うゴシュー・ケミカル社(現クリタ・GKケミカルCo.,Ltd.)を設立。

1991(平成3年)

土壌浄化事業を開始

土壌汚染問題が大きな社会問題となり、水処理で培った技術を活かし、土壌浄化事業を開始。

土壌浄化事業イメージ

1995(平成7年)

栗田工業(大連)有限公司を設立

中国における水処理薬品の製造・販売拠点として栗田工業(大連)有限公司を設立。

1996(平成8年)

クリタ・アメリカInc.を設立

アメリカに水処理装置の販売およびメンテナンス・サービスを行うクリタ・アメリカInc.を設立。

1997(平成9年)

栗田テクニカルサービス(株)を合併

栗田工業(株)が、メンテナンス・サービス事業を行う栗田テクニカルサービス(株)を合併。

1998(平成10年)

韓水テクニカルサービスLtd.に資本参加

韓国において水処理装置の生産・販売およびメンテナンス・サービスを行う韓水テクニカルサービスLtd.に資本参加。

2001(平成13年)

ランドソリューション(株)を設立

土壌浄化にかかわる総合コンサルティング会社であるランドソリューション(株)を設立。

2001(平成13年)

土壌浄化にかかわる総合コンサルティを開始

土壌浄化の実績を活かし、汚染リスクのヘッジや浄化後の土地の円滑な売却へとつながるスキームをご提供する事業を開始。

2001(平成13年)

栗田超純水設備(上海)有限公司を設立

中国における水処理装置の輸入。販売およびメンテナンス・サービスの拠点として栗田超純水設備(上海)有限公司を設立。

2002(平成14年)

超純水供給事業を開始

お客さまに代わりクリタが設備を所有し、運転管理を行い、超純水を供給するというアウトソーシングビジネスを開始。「薬品」「装置」「メンテナンス」の各事業で培った技術・製品・サービスを融合したビジネスモデルを構築。

浄化事業イメージ

2003(平成15年)

クリテックサービスを設立

グループ各社の精密洗浄事業を統合し、クリテックサービス(株)を設立。

2003(平成15年)

クリタ分析センター(株)を設立

グループ各社の分析部門を統合し、クリタ分析センター(株)を設立。

クリタ分析センター

2004(平成16年)

栗田工業(蘇州)水処理有限公司を設立

中国における水処理装置の生産・販売拠点として栗田工業(蘇州)水処理有限公司を設立。

2005(平成17年)

クリタ開発センターを設立

開発拠点を統合し、クリタ開発センターを設立。

2009(平成21年)

クリタ・ケミカル製造(株)を設立

水処理薬品の製造新会社としてクリタ・ケミカル製造(株)を設立。

2013(平成25年)

新たな水処理管理サービス「S.sensing」を開始

水処理薬品事業において、水処理薬品事業において、IT・センシング技術でリアルタイムで最適な水処理を実現する「S.sensing」を開始。

2015(平成27年)

クリタ・ヨーロッパAPW GmbHを設立

Israel Chemicals Ltd.よりBK Giulini Gmbhの水処理薬品・紙プロセス薬品・アルミナ化合物の3事業を買収し、クリタ・ヨーロッパAPW GmbHを設立。

2016(平成28年)

クリタ・ヨーロッパGmbHとクリタ・ヨーロッパAPW GmbHが合併

※合併後の社名はクリタ・ヨーロッパGmbH

2016(平成28年)

クリタ・ポーランドSP.z.o.o.を設立

ポーランドに水処理薬品の販売を行うクリタ・ポーランドSP.z.o.o.を設立。

2017(平成29年)

フレモント インダストリーズ, LLCを買収

米国の水処理薬品の製造・販売会社であるフレモント インダストリーズ, LLCを買収。

2017(平成29年)

クリタ-GKベトナムCo.,Ltd(ベトナム)およびクリタ・ミドルイースト FZE(UAEアラブ首長国連邦)を設立

水処理薬品の販売会社として、クリタ-GKベトナムCo.,Ltd(ベトナム)およびクリタ・ミドルイースト FZE(UAEアラブ首長国連邦)を設立。