持続可能な社会の実現に向け、お客様へ価値を提供していく

クリタグループは、お客様が求める価値を提供し、その先にある社会との共通価値の創造を目指しています。
私たちだからできる水と環境のソリューションを提供し、未来への責任を果たしていきます。

人々の生活や産業を持続させていくために、欠かせないものは何か。 水の再利用を可能にする排水回収システム

01水資源の問題を解決する

水は絶えることなく地球上を循環し、人々の生活や産業を支えています。しかし、この水資源の需要と供給のバランスが崩れつつあります。世界の至るところで水不足の問題が深刻化し、一刻も早い解決が求められています。
クリタはこれまでも、お客様とともに、工場の製造工程排水を100%リサイクルするなど、水を極限まで有効に利用する技術を生み出してきました。節水・浄化・再利用技術を広く適用することで、人々の生活や産業の発展に必要な水を確保し、水資源の有効利用を実現します。そして、これら一つひとつの取り組みが、地球の水資源の循環を支えています。

クリタのアプローチクリタのアプローチ

「水の回収・再利用」の価値を
あらゆる産業、地域に提供する


画像をクリックすると拡大されます

水が不足する地域、お客様において、「水の回収・再利用」により、水資源の需要と供給のバランスが取れた状態を実現していくために、クリタは、薬品と装置、双方の技術・ノウハウを融合し、IT・センシングなど最先端のテクノロジーを組み込んだ新たな「排水回収システム」を開発しました。
どのような排水にも対応でき、全てのお客様にシンプルで使いやすいシステムを提供することができれば、あらゆる産業、地域において「水の回収・再利用」による価値を創出することが可能になります。
地球規模での水資源問題の解決を使命と受け止め、人々の生活と産業の発展に必要な水を確保し、有効利用するための挑戦を、クリタは続けていきます。

無駄なく有効にエネルギーを使うための、鍵となるものは何か。 熱効率を改善するボイラ設備

02持続可能なエネルギー利用を
実現する

世界人口の増加とともに、エネルギー需要は拡大し続けています。それに伴い、温室効果ガスの排出量が増加し、地球温暖化など大きな気候変動をもたらすといわれています。持続可能な社会の実現に向けて、無駄のないエネルギーの使い方を考え、生活や産業におけるエネルギー使用をいかに最適化できるかが、社会的なテーマとしてクローズアップされてきています。
クリタは創業以来、ボイラなど各種設備の省エネルギーに貢献する商品・技術を提供してきました。お客様とともに、エネルギーの有効利用を追求し、“水”の技術をベースにして“熱”エネルギーを無駄なく使う取り組みにも注力しています。

クリタのアプローチクリタのアプローチ

工場全体の水と熱の最適利用を実現する


画像をクリックすると拡大されます

工場では、加熱や冷却を行うための蒸気や温水、冷水をつくる際に、膨大なエネルギーが消費されています。エネルギーを無駄なく使うためには、水処理薬品によるボイラや冷却塔、製造プロセスなど工場設備の熱効率の改善に加え、大気や水中の熱を回収し、エネルギーとして有効利用することが必要です。
クリタは、「ヒートポンプ」を用いて温かい水から冷たい水へ熱を効率よく移動させることにより、水だけでなく、水の中に含まれる熱までも無駄にしない取り組みに注力しています。
工場全体の水と熱の最適利用を推進し、クリタは持続可能なエネルギー利用を実現していきます。

何も捨てるもののない循環を、実現するものは何か。 廃棄物からバイオガスを発生させるメタン発酵設備

03廃棄物を削減する

社会における大量生産・消費のシステムが日々生み出している廃棄物は、自然環境の汚染、生態系の破壊などをもたらし、地球環境に負荷を与えています。この問題の解決に向けて、廃棄物の削減や、資源の循環利用を促進する取り組みが求められています。
クリタはこれまで、生物処理などの特長ある水処理技術を用いて、工場排水の処理過程で発生する廃棄物の削減や、廃棄物を再資源化する取り組みを進めてきました。お客様や地域社会とともに、「廃棄物ゼロ」を実現するためのソリューションを今後も提供していきます。

クリタのアプローチクリタのアプローチ

地域全体で、資源循環型社会をつくりあげる


画像をクリックすると拡大されます

クリタは、単に工場の廃棄物を減らすだけではなく、地域全体で廃棄物を減らし、資源として循環させる仕組みづくりを目指しています。その中心となる技術が「バイオガス発電」です。工場の産業廃棄物や家庭の生ごみなど、地域から集めた廃棄物をメタン発酵させ廃棄物を削減するとともに、生成したバイオガスを原料として発電を行い、得られたエネルギーを地域に供給します。さらに、発生する残さを建設資材などに再利用することも可能となります。
廃棄物の引き受けから再資源化に至る取り組みをベースに、地域とともに新たな資源循環型社会の構築を目指していきます。

世界の工場に次の革新をもたらすものは何か。 IoTを活用した水処理状況の見える化

04産業の生産技術を進歩させる

あらゆるモノがインターネットとつながるIoTやAI の進化は、産業に大きな変化をもたらすといわれています。IoTを導入したスマートファクトリーでは、工場内の全ての事象をデータ化し、生産性や品質の向上、資源・エネルギーの有効利用などを実現しています。
現在クリタは、IT・センシング技術をソリューションの基盤と位置付け、独自のシステムを構築し、水処理の状況を見える化するサービスを展開しています。お客様の製造プロセスとユーティリティの水処理を行ってきたクリタには、水に関わる膨大なデータがあります。水処理設備だけでなく、工場全体の設備の効率化や安定運転につなげていくことを目指しています。

クリタのアプローチクリタのアプローチ

お客様とともに、スマートファクトリーの
実現を目指す


画像をクリックすると拡大されます

クリタはこれまでも、水質や運転データを解析して水処理設備のトラブルを予防したり、お客様の製造データとの相関を分析して生産効率の向上に寄与してきました。今後は、IoT/AI を駆使して、工場全体での最適な水処理を追求していきます。水質データや設備のメンテナンス履歴、エネルギーの使用状況に加え、長年にわたる水処理の経験・ノウハウもデータ化し、全てを解析・制御することで、水処理設備の自動運転や、お客様の生産に与える影響をリアルタイムに反映した付加価値の高いソリューションの提供を目指しています。
クリタは、お客様とともに「スマートファクトリー」を実現し、世界の工場の生産技術革新に貢献していきます。